予約に関するよくある質問

よくある質問

ハイヤーとは?
タクシーとの違いや料金システム、利用シーンなどを徹底解説

よくある質問TOP


ビジネスや冠婚葬祭の場でよく耳にするハイヤーは、同じく車での輸送手段であるタクシーとはどう違うのでしょうか。時と場合に応じて、タクシーとハイヤーを使い分けることができればより移動が快適になるかもしれません。そこで今回は、ハイヤーについて、気になる料金システムやサービスについて徹底解説します。

ハイヤーとは

ハイヤーは、タクシーと同様に、目的までお客様を安全に送り届けるサービスです。主な特徴は、ハイヤーは運転手付きの貸し切り乗用車で、エクゼクティブ向けの乗り物だと言えます。
特別な場面で使用されることが多く、利用は完全予約制となっています。要請に従い、その都度派遣されるシステムなので、タクシーのように街中で拾うことはできません。利用者は、あらかじめ日時と行き先を告げておく必要があります。

ハイヤーとは

ハイヤーとタクシーの違い

  ハイヤー タクシー
営業形態 完全予約制 流し営業
料金システム 営業所を出た時から戻るまで 乗った場所から降りる場所まで
サービス 充実のホスピタリティ 一期一会のホスピタリティ
利用シーン おもてなし時 日常の移動時

道路運送法の分類では、ハイヤーはタクシーの一種として位置付けられています。しかし、両者には明確な違いがいくつかあり、利用する際はこうした違いを理解しておくとスマートです。

まず、ハイヤーは完全な予約制、企業の役員や海外のVIPの送迎、特別なパーティーや冠婚葬祭の際の移動手段などにも使われ、法人契約をしている企業も多くあります。一方で、タクシーは街中で誰もが拾うことができ、不特定多数の人が乗車します。

ハイヤーは移動に特価したタクシーに比べると高価ですが、ホスピタリティが充実しており接待などにも向いています。

ハイヤーの料金システム

ハイヤーの料金システムについて詳しく見てみましょう。ハイヤーは、乗車区間のみに料金がかかるのではなく、営業所を出て送り迎えが済んで営業所に戻るまでの運賃が請求されます。もともと、ハイヤーは英語で言うと「hire」、つまり賃金を払って雇うことを指します。送り迎えのための車と運転手を専属として一定期間借りるための料金と考えると良いでしょう。

タクシーは初乗り料金というシステムがあるため、短距離の利用であれば550円程度で済むこともあります。一方で、ハイヤーの場合は基本的に初乗り料金はありません。営業所を出てから戻るまでの料金も含まれるため、短距離の利用であっても5,000円以上、10,000円〜20,000円程度の料金設定になっています。

短距離以外の利用では、タクシーの場合メーター制が適用されるため、乗車した時間や距離によって料金が決まります。ハイヤーの場合、メーターはあるものの、お客様から見えないように設置してあり、車種や走行距離、契約内容によって変わってきます。

ハイヤー料金について

ハイヤーのサービス

ハイヤーはホスピタリティが充実している点も特徴ですが、具体的にどのようなサービスを受けることができるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

ハイヤーのサービス

ハイヤーサービスについて

ハイヤーの利用シーン

実際にハイヤーがどのような場面で使用されているのかご紹介します。

ハイヤーサービスについて

配慮の行き届いた空間で快適に移動するなら、ハイヤーが便利

今回は、ハイヤーとタクシーの違いや料金体系、利用シーンを中心にご紹介しました。ハイヤーとタクシーとでは、利用目的に違いがあり、ハイヤーはお客様個人の輸送機関としてより快適な空間での移動を提供します。完全予約制だからこそ、各々の利用シーンに最適なオプションを選択できる点もメリットです。会社役員の移動手段としてビジネスシーンで利用されるほか、冠婚葬祭などの特別な送迎にも欠かせません。ビジネスなどの大事な局面では、ハイヤーの利用が相手の好印象を招くこともあります。目的や用途に応じてタクシーとハイヤーを使い分けてみてはいかがでしょうか。

配慮の行き届いた空間で快適に移動するなら、ハイヤーが便利

よくある質問

ハイヤーに関するお問い合わせ